読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニューは2013年5月7日オープン!

スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニューは、5月7日グランドオープン決定!







さらに新キャラクターも登場!

説明は、こちら↓

東京ディズニーランド®スター・ツアーズ」が全面リニューアル
スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」
2013年5月7日(火)グランドオープン決定
東京ディズニーランドトゥモローランドに登場する新アトラクション「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」の開業日が、2013年5月7日(火)に決定いたしましたのでお知らせいたします。
スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」は、1989年の導入以来、映画「スター・ウォーズ」シリーズの世界を楽しめるアトラクションとして、多くのゲストを魅了し続けた「スター・ツアーズ」を、初めて全面リニューアルするものです。
この度のリニューアルの最大の特徴は、シーンごとに用意された複数のシナリオがランダムに選択されるシステムにより、50通り以上の組み合わせでストーリーが展開されていくことです。これによりゲストは体験する度に予測不能なスリルを味わうことができます。
また新たに、驚くほど鮮明でリアルな3D映像となることで、目の前に現れる映画の登場人物の存在感や、宇宙空間を高速で移動する際のスピード感などが際立ち、そこにより進化した映像連動のライドシステムが加わることで、これまでに体験したことがないほどの緊張感と臨場感を堪能できます。
スリルや臨場感をさらに増すのが、映画「スター・ウォーズ」シリーズに登場するおなじみのキャラクターや名シーンの数々。ゲストは、時にダース・ベイダーに遭遇したり、時に光り輝く惑星コルサントに到達したりと、映画の世界を存分に体験できることでしょう。
2013年4月15日に30周年を迎える東京ディズニーリゾート®東京ディズニーリゾート史上最大の“ハピネス”を生み出していくこの大きな節目の年にオープンする「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」は、映画のファンの方はもちろんのこと、映画をご覧になっていない方でも存分にお楽しみいただけます。“ハピネス”あふれる東京ディズニーランドの新たなる宇宙旅行にぜひご期待ください。
【アトラクション概要】
体験時間:約4分30秒 乗車定員:1キャビンあたり40名
キャビン数:6台 総投資額:約70億円
※本施設には、ディズニー・ファストパス®を導入いたします
※身長102㎝未満の方はご利用になれません
©Disney ©2012 Lucasfilm Ltd. & TM All rights reserved.

スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」 ストーリー
遠い昔、はるか銀河系の彼方。銀河系では全宇宙の支配を企てる邪悪な帝国軍が隆盛を迎えている中、小さな反乱軍が立ちあがった。
そして、帝国軍は反乱軍の抵抗を阻止する動きに出始めた…。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
そうした中でも銀河系では、惑星間の旅行が高い人気を集め、各旅行会社は、銀河をめぐるツアーを提供していました。その中のひとつがスター・ツアーズ社です。
スター・ツアーズ社が主催する宇宙旅行に参加したゲストは、偶然、宇宙船“スタースピーダー1000”のパイロットとなってしまったC-3POと、その相棒のR2-D2とともに、宇宙へと出発します。ところが出発早々、帝国軍によって行く手を阻まれてしまいます。なんと、ゲストが乗った宇宙船には、反乱軍のリーダーが潜り込ませたスパイが紛れこんでいたのです。実は、反乱軍はゲストの乗った宇宙船で、スパイを目的地に届けようとしていたのでした。
C-3POR2-D2は、帝国軍の制止を振り切ると、宇宙船は、映画「スター・ウォーズ」シリーズでおなじみの惑星へと到着。そこでは映画さながらの緊張感溢れるシーンが繰り広げられます。例えば、砂漠の惑星タトゥイーンに到着すると、猛スピードで駆け抜けるポッドレースの真っただ中に入り込んでしまったり、光り輝く惑星コルサントの上空に到着すると、帝国軍の攻撃を受けて急降下したりするなど、到着する惑星によって待ち構えるシーンはさまざまです。また、途中で、ダース・ベイダーヨーダといった、映画を代表する登場人物たちとも遭遇するかもしれません。
この予測不能な宇宙旅行。突如としてスパイを目的地に送り届けるという任務を課せられたC-3POR2-D2は、果たしてこの任務を達成することができるのでしょうか?そして、ゲストは宇宙旅行から無事に生還することができるのでしょうか?