読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シュレック4-Dアドベンチャー プレショー セリフ集

ピノキオ「ねぇ、この人たち、誰?」
子豚たち「ほんと、頭良さそう」「そんな人たちが、ここで何をしてるんだろう?」「僕たちこそ、ここで、何してんだー」「たしかに〜」
子豚たちとピノキオ「助けてくれ〜!」
子豚たちとピノキオ「みんな、けっこう冷たいね」「ほんと、冷たいね」
クッキーマン「ねぇ、君たち、こんなところで何してんだい?」
子豚たちとピノキオ「あの人たち(観客のこと)、僕らと違って、全然ノリ悪い」「見ろよ」「何をポッと待ってるんだろう」
クッキーマン「あ〜、冷たい雰囲気」
子豚たち「僕らはどうなる?」
クッキーマン「いやあ、その…、〜でも、自分の身は自分で守ってよ!」
子豚たちとピノキオ「女のひとを助けなきゃ。それに子供たち、それから、可愛い〜操り人形も」「あっ、可愛い豚ちゃんも!」「3匹とも助けて!」
クッキーマン「わかった。あまり時間がない。1度しか言わないからね。よ〜く聞いてね いい?、みんな〜! あいつが、戻ってきたー!」
子豚たちとピノキオ「誰が戻ってきたの? 僕らにちゃんと教えて」「ねぇ、この人たち、今のこの状況を全然わかってないんじゃない? そうだろう?」「僕らの映画観たのかな?」「あの映画が終わったあと、僕らはこんなひどい目に遭っちゃって〜」「ほんと〜」
ピノキオ「ちょっと待ってよ。いいこと考えた。鏡よ〜、鏡〜、鏡さん。起っきろー!」
鏡さん「誰だ? 私の眠りを妨げる不届き者は?」
ピノキオ「あ、う〜ん、僕だよ〜。ピノキオだ〜!」
鏡さん「やぁ〜!」
ピノキオ「ねぇ! この人たちに教えてあげなくちゃ」
鏡さん「おう! お客さんでしたか。やぁ、みなさん! 今日はファークアード卿のお城へようこそ! “急いで逃げろぉ〜!” …おう、なんだ、全然反応もなしか」
子豚たち「ほんと」
ピノキオ「みんな何にもわかってないんだ。映画の話をしてやってよ」
鏡さん「よぅし! ホホン!(咳払い) 遠い遠い昔、遥か彼方の銀河系で…」
子豚「だらだら続いてるだけで、つまんないよ」
ピノキオ「ちがう〜! 僕らの映画だよ!」
鏡さん「そうだったな! あ、申し訳ない。ちょっと宇宙まで行っちゃってて…。ハァ〜」
ピノキオ「頼むよ! 昔、昔」
鏡さん「ホホン!(咳払い) 昔、昔、森のすごい怪物がいた。名前はシュレック。中身ではなく、見た目で人を判断する連中を避けて、彼は、沼地に一人で住んでいた」
子豚たち「あの、くっさい怪物君に会いたい〜!」「うん、僕も会いたい!」「すっごく会いたい!」
ピノキオ「シ〜ッ! 静かに!」
鏡さん「ある日、おしゃべりロバのドンキーを助けると…シュレックの家に、デュロック王国を追われた、おとぎ話のキャラクターたちが大勢押しかけて来た」
子豚「左にいる可愛い豚に注目!」
ピノキオ「黙れ!」
鏡さん「ウウウン(咳払い) 彼らをデュロック王国から追い出したのは、横暴な君主、ファークアード卿だ」
子豚たち「ブゥー! ブゥー!」
鏡さん「そうだ、思いっきり、罵ってやれ。せこい奴め!」
ピノキオ「ちょっと! 静かにしてよ!」
ピノキオ「鏡さんじゃないよ。こいつら(子豚たち)だ」
鏡さん「よーう! あ、うーん、どこからだっけ? その後、また、いろいろあって…、必殺技も決まり、ファークアード卿はシュレックに沼を返すと約束するが、それには、この美しいフィオナ姫を…、あー、火を噴くドラゴンがいる塔から救いだすことだ。こうして、シュレックとドンキーは、ハラハラ・ドキドキの冒険に出る。炎上シーン、カッコイイアクション、シュレックは姫を救い出す。ついでにドンキー。そして、…はっ、失礼(と涙声になる)、フフフン(と鼻をすする)、ここで奇跡が起こったのです。シュレックが恋に落ちた。驚くべきことに、フィオナ姫もシュレックに恋をしたではありませんか。でも姫は、コイツ(ファークアード卿)と結婚することに。シュレックのハートはもうボロボロ…。ドンキーが、かたくななシュレックを説得し、再び姫を救いに! 向かったのは、ファークアード卿の城」
シュレック「異議あーり!」
鏡さん「ここで、フィオナ姫は、自分も怪物だという秘密を明かす。そこへ、ドラゴンに乗ったドンキーが登場! ファークアードは喰われた! こうして、おとぎ話のキャラクターたちは救われ、シュレックは本当の愛をゲットした。(画面の中のみんな、“イエ〜イ!)。そして、みんな末永く、幸せに暮らしましたとさ」
ピノキオ「それが、そうじゃなかった!」
子豚たち「ファークアード卿が喰われるとこ、もう1回見せて!」
ファークアード卿「いったい、何の騒ぎだ?」
ピノキオ「ア、アアアアア…」
鏡さん「…ファークアード卿、おや? 顔色がお悪いですね〜、なにか?」
ファークアード卿「当たり前だろう。私は幽霊だぞ、バカ! もう1度だけ聞く!彼女はどこだ?」
鏡さん「バッテリーが切れかかってまして、今のところ、過去のことしか映せません」
ファークアード卿「じゃあ、その木の人形はどうだ? おまえは知ってるだろう!」
ピノキオ「ああっ!」
ファークアード卿「あの醜い緑の怪物は、私のフィオナをどこへ連れていった! どこにいる!」
ピノキオ「ああっ、ぼく、知らな〜い」
ファークアード卿「セロニアス!」
セロニアス「お呼びですか?」
ファークアード卿「あの人形を、蒔き木にしろ!」
ピノキオ「やだ〜!」
子豚たち「そうだよ、やめて!、やめて!、やめて〜!」
ファークアード卿「ああ、君らでもいいんだぞ。フィオナの居場所を吐くか、…丸焼きになるか!」
子豚たち「ええ〜、でも、僕たち何にもしりませ〜ん」「そうだ」「全然知らないし〜」
ファークアード卿「セロニアス! 穴を掘って火を起こし、あの3匹を〜」
子豚たち「やだ〜! やだ〜!」
ファークアード卿「黙れ! (観客に気づき)君たち、何を見ている。シュレックとフィオナを見なかったか? そうか。この中に絶対知っている者がいるはずだ! 誰か…、そうか、なら、しゃべらせてやる! セロニアス! 客席の準備をしろ!」
セロニアス「はいっ! ただいま」
ファークアード卿「鏡よ、鏡よ、鏡さん、何が起こるか説明しろ。私も支度がある。おまえら、あとで、たっぷり可愛がってやるからな! 待ってろよ! ウハハハハハハ!…」
ピノキオ「ふう〜、終わってよかった〜」
子豚たち「終わった? 始まったばかりだぞ〜」「そうだ、これは終わりの始まりだよ!」「そう〜だよ」
鏡さん「会場に入るときは、押し合わず、順序よく頼むよ。なるべく奥の席から座ってね。3Dグラスは席に着くまでかけないで。転ぶかも知れませんからね。飲み食い、タバコ、ゲロ吐きは禁止。場内で携帯電話を使った者は、鞭打ちの刑に処す。フラッシュ撮影した者は火あぶりの刑だからな。警告はしましたよ〜。楽しんでネ! 呪われたみなさん…」