読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セサミストリート4-Dムービーマジック フルショー セリフ集


ビッグバード「みんな、3Dのメガネ、似合ってるね。それでは、今日、セサミストリートがお送りするのは、数字の“4”と、そして文字の“D”です。アハハハ、ハァーン!」
「ウェルカムトゥ・セサミストリート」歌:ビッグバード
歌詞
ウェルカ〜ム、セサミ、ストリィ〜♪ ようこそ、ウチへ〜♪、みんな〜が集まるぅ〜、愉快な〜通りさ〜♪、“やぁ! ごきげんは?”、ハハァーン! ウェルカ〜ム、セサミ、ストリィ〜♪ 友達になろう〜♪、み〜んな〜一緒に〜♪、たのし〜く遊ぼぉ〜♪、ウェルカ〜ム、トゥ、セ〜サ〜ミ〜、ストリィ〜♪
ビッグバード「さぁ、みんな、これから何が起きるんだろう。セサミストリートに住む仲間たちは、みんな、いつでもハッピー…」
仲間たち「はぁー」
ビッグバード「…でもないみたい。どうしたの?」
グローバー「僕たちのフワフワの映画を観ようと思ったのに、映写機が壊れちゃったの」
仲間たち「そう…」
オスカー「静かに! おまえかぁ。映写機が壊れたんで、とっとと帰えっちまったんじゃなかったのかよ」
エルモ「あっ、いいニュースだよ、オスカー」
オスカー「じゃ、なんだ! また僕んちの下水道、逆流したのか!」
エルモ「違うよ。ねぇ、オスカー、覚えてる? 映画を作るときに、一番大切なものは、想像力、イマジネーションだって言ったこと」
オスカー「だから?」
エルモ「だからぁ〜、みんなでイマジネーションを使って、エルモたちの映画を観てもらうんだよ」
テリー「それ、グッド・アイデア! ってことは、みんなで、このスタントチキンのチキンスタントを、観せることができるんじゃな〜い?」
テリー「行くぞ! スタントチキン!」
グローバー「ウーッ! ウーッ! ウ〜ウ〜ッ!」
オスカー「想像って、腹にガスが溜まるのか」
グローバー「違うよ。可愛いフワフワの僕の、可愛いフワフワの映画を想像してるの まずは、カウボーイになったところを想像しま〜す! それでは、投げ縄をまわしま〜す!」
エルモ「すごいね!」
グローバー「次は、消防士になったところを想像してみま〜す! 〜誰か、頭痛薬持ってな〜い?」
オスカー「その気持ちわかるよ。イマジネーションなんか、考えただけで、気分が悪くなるんだ」
エルモ「オスカーもやる? イマジネーション!」
オスカー「どうしようかな〜って、やるかよ! とっとと、失せろ!」
アーニー「ねぇ、バート、僕らも想像しよう。世界中、どこへでも行けるんだよ」
バート「はぁ〜、あ、そうだ、僕、あれを想像しよう。コインランドリーにいるところ」
アーニー「ねぇ、ちょっと待って。僕はもっとエキサイティングな場所に行きたいんだ」
バート「文房具屋さん?」
アーニー「違う。僕が行きたいのは、ここ! サハラ砂漠!」
バート「チャッ、チャッ、チャッ♪、なんて素敵なんだ、アーニー」
オスカー「おい!」
バート「ひやぁ!」
オスカー「とっとと、降りろ!」
バート「あー!」
エルモ「オスカー!、今度は君の番! 話してくれない?」
オスカー「オスカーが話したいことはひとつ。オスカーは、おまえに」
エルモ「なぁに?」
オスカー「とっとと、どっかへ消えて欲しいんだよ! なぁ!」
テリー「オッケー! チキンはチューバの中へ! すべての準備は完了!」
クッキーモンスター「ちょっと待って!、待って!、待って〜! その前に、おいらの映画!」
男性ナレーション「モンスター、大都市を襲撃!」
クッキーモンスター「ちょっと待って!、待って〜! おいらは、モンスターじゃないよ!」
マペット「えーっ? ちがうの?」
クッキーモンスター「モンスターは、あっちー!」
マペット「えっ? えーっ!」
クッキーモンスター「よっ! モンスタークッキー! また会ったな! あ…、あ…、あ…、モンスタークッキー、クッキーモンスターには速すぎるみたい。あ…、あ…、もう帰ろう 予想もしない展開に、おいら、びっくり! あ、ちょっと、どうしたらいいの? あ…、おいら、わかった! あ、失礼!」
オスカー「そこまでだ! もう、我慢できねぇ!」
ビッグバード「ねぇ、どうしたの? オスカー」
オスカー「どうしたのだとぉー!」
エルモ「あっ、エルモ、わかった! オスカー、自分の映画を想像したくなったのぉ? アハハハ!」
オスカー「自分の映画を想像するぅ?」
エルモ「そう!」
オスカー「この際、そんな! …ことを、するのも、いいかもしれねぇな そうだな。まずは、これから、想像してみようとするかな」
エルモたち「あ〜っ!」
オスカー「次は、映画に絶対欠かせないキャスト、臭い靴下のコーラス・ライン!」
「臭い靴下のコーラス・ライン!」歌:臭い靴下のコーラス・ライン
歌詞
ワ、ナ、ザ、ドゥ! 匂い〜が〜好き〜♪ こんな、くさ〜い、きたな〜い、ものの〜♪、匂い〜が〜好き〜♪
靴下A(少年の声)「〜ほんと、臭いね!」
靴下B(少女の声)「ずーっといるからね! 明日はもっと臭いよ!」
靴下たち「アハハハハハ!」「ギャハハハハハ!」「ウフフフフフ!」
オスカー「汚ったなくて、最高だぜ! それじゃ、仕上げを! 最悪な結末を! イマジネーションって、こんなに楽しいものだったとはなぁ。エルモ、楽しめよ! 最悪な一日を!」
グローバー「うわっ! 僕の可愛〜いフワフワの毛が、びっしょ、びっしょだよ〜!」
クッキーモンスター「これじゃ、映画フェスティバルがメチャクチャだ!」
テリー「チキンスタントも、できなくなっちゃった」
エルモ「〜イマジネーションを使えば、みんなに映画を観せられると思ったのに、メチャクチャになっちゃった。フェスティバルがメチャクチャ」
ビッグバード「フェスティバルは、まだ大丈夫だよ」
エルモ「おしまいだよ! 何もかも、臭くて、冷たくて!」
ビッグバード「変えるんだ、君が」
エルモ「どうやって?」
ビッグバード「イマジネーションを使って!」
グローバー「そーだよ、エルモ! 次は君の番!」
エルモ「エルモ、できるかなぁ。ねぇ、君たちも手伝ってよ! 一緒に想像しよう! まずは、晴れ渡った空から!」
「イマジネーション」歌:エルモたち 
歌詞
イマジ、ネーション〜♪ 晴れ〜た、空〜♪、イマジ、ネーション〜♪ 遊ぼう〜♪、誰だって〜♪、イエ〜イ! アッハハハ!〜
さぁ!、思い描こう〜♪、〜
エルモ「ねぇ、テリー! 君の番だよ!」
テリー「ほんと!」
エルモ「そう! 会場にお集まりの皆さん! テリーと、驚異のスタントチキンの登場です! 頑張って! テリー!」
オスカー「いいかげんにしろ。…まったく」
「イマジネーション」歌:エルモたち 
歌詞
イマジ、ネ、ション! 目覚めよう〜♪ イマジ、ネ、ション! 不思議な〜♪、さぁ、み〜ん〜な〜♪、〜、す〜て〜き〜な、夢、描こう〜♪さぁ、たのしもうー♪
エルモ「イエ〜イ! 大成功ー! みんなどうもありがとう! みんなのおかげだよ〜! 〜、アッハハハハハハ! 〜エルモ、みんな大好きだよ〜!」
オスカー「〜、お花もかよ! まったく!」
男性のナレーション「立ち上がって、前方スクリーンの方へ、お集まりください。素敵な魔法は、まだまだ続きます…」